mainvisual-pc

お電話でのお問合せはこちら

お申込みはお早めに

テスト対策授業 受講者の声

計画的な対策で、5教科合計75点UP!

1ヶ月前からテスト対策の計画を細かく立ててくれたり、先生が「頑張るぞ!」とひっぱってくれたので、安心してテスト勉強に取り組むことができました。
のぶきくん(当時中2)


言われなくても毎日勉強するようになった!

前はテスト直前にしか勉強をしていなかったけど、先生に教わるとわかるから楽しくて、自分から勉強するようになりました。始めてすぐに結果が出て、「5」の評定が増えました!
なのかさん(当時中2)


1対1だから、部活と両立しながら苦手が解消できた!

1対1だから、少しでも不安なところはどんどん質問できていい!特に英語は解いた答えが合っているのかわからなくても、先生にじっくりと添削してもらえたのがよかったです。
はるなさん(当時高3)

column

定期テストミニコラム

テストで点を逃してしまう3つの理由

ケアレスミス

符号の付け間違いや設問の読み違え、計算・スペルミスなど、解けたはずの問題で間違ってしまう、一番もったいない間違いです。
単なる確認漏れから、計算式の字が汚くて読み間違えたなど、いろいろな原因が考えられます。テストをしっかりと見直し、原因を特定して対処しましょう。

理解不足

わかっていたはずなのに、テスト本番で解けなかった…。そんな場合、「わかったつもり」になっているのかも。そのままにしておくと、小さな理解不足が積もり積もって、大きなつまずきになってしまいかねません。
すでに「問題を見ても全然わからない」状態なら、今すぐつまずきの原因までさかのぼって対処しましょう。

覚えていない

漢字や英単語、重要語句などが覚えきれておらず、点を逃してしまうパターンです。
暗記で大切なのは「覚える」ことではなく、「思い出す」こと。一度覚えただけで満足せず、パッと出てくるようになるまで繰り返し覚える、暗記の仕方を工夫するなど、しっかりと記憶から取り出せるように覚えていくことが必要です。

定期テスト対策について詳しくはこちら!

お申込みはお早めに!

お電話からのお問合せはこちら

WEBからのお問合せはこちら